メール原文

初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。心暖まる話ではないかもしれませんが、僕のちょっとしたアホエピソードを送らせて頂きます。採用していただなくても全然大丈夫です!以前、僕の父親とちょっとした面白エピソードがありました。とは言っても、僕が発端で起きた事なんですが。僕には、今付き合って7ヶ月の彼女がいます。その当時は付き合い出してまだ1週間程度だったので、毎日ラブラブなLINEをやり取りしていました。お互い寝るギリギリまでLINEを交換し、寝てしまったら起きた方が朝のラブLINEをするといった流れです。その日、僕が先に寝てしまい、朝方少し早めに起きた僕は毎日の朝の様に彼女へラブLINEを送信しました。でも、かなり寝ぼけていたのがまずかったんです。間違えて僕のお父さんに送ってしまったんです。笑最初は気付かなかったんですが、二度寝しrてから彼女に送っLINEを見直していてそのとんでもない間違えに気付きました。まさか!と思った時にはもうすでにあとの祭りです…それどころか、お父さんから返信が来ていました・・・「おはよう。そうか…気持ちは分かった。一度話し合おう。ただ、それは本当なのか?俺も、長い間お前といるがそういった感情は芽生えなかった…一つだけ言える事は、俺はお前の父親だ。それ以上もそれ以下でもない。すまない。」もう、泣きそうでした。僕は、心の中で思いっきり叫びました。いえ、話し合いません。いえ、それ以上でもそれ以下でもあってほしくないです。余計気まずくなりますのでやめてください。ここは既読スルーしてくよ・・・この後、僕は1か月くらい顔を合わせない様に実家から身を遠ざけましたが、結果顔を合わせた時は何とも言えない空気でした。その後は、ご想像にお任せ致します。

編集部 Pick Up!

TOPへ戻る