メール原文

cadotさん初めまして。
私は東京都で会社員をしている秋山雄二と申します。
先日取引先の付き合いで食べに行った寿司屋であった胸を打たれる出来事があったので、是非とも紹介していただきたく投稿しました。
出張先で赴いた先で、先方と一緒に食事に行くことになり、都内地下鉄の大江戸線のある駅に隣している寿司屋(駅名と店名は伏せておきます)に昼食をと行ったのですが、そこである出来事に出くわしたのです。
お店は12時ちょっと過ぎくらいということもあり席はほぼ満席で、私たちは長テーブルに2組の方と相席で座ることになったのです。その相席させていただいたお隣さんはどこにでもいそうな老夫婦二人と若いカップルでした。
先にそちらの夫婦とカップルが先に注文をしていて、私たちが席に着いて間もなくお寿司が運ばれてきました。
ネタが輝き、しっかり握られたシャリを見て「旨そうだなぁ」と見とれていました。
先に届けられたお寿司を見ながら待っていると、私たちの注文したお寿司が届けられてきました。
届けてくれた人(たぶん大将なのかな?)にありがとうと伝えて食べようと箸に手を伸ばした時、この大将に相席をしていた老夫婦の女性が話しかけたことであることが起こりました。
女性が大将に向かい、この鉄火巻き、本当に美味しいですね!お家でも、こんな風にお寿司を作りたい時はどうやったらいいですか?コツありますか?中々素人には難しいですかねぇ?(T ^ T)と話しかけたのです。すると大将は女性に向かって、笑わせるね。そりゃ無理だわ、当たり前だとぶっきらぼうに答えるのです。
この女性は本当に美味しいからちょっとしたコツがあればと思い聞いたのでしょうが、大将のまさかの返しに女性も無言になってしましました。
続けて大将は、そんなもんこちとら延々と修行を重ねてやってきてるんだ、やすやすとコツなんぞ教えれたら苦労ないわとと嫌味に馬鹿にしたように小さく笑いながら言うのです。
プライド持ってお寿司を握っている大将の気持ちも分かりますが、客に向かってそんなに言わなくていいのに・・・なんて不快に感じながら黙ってお寿司を食べていたのですが、大将は言い足りなかったのかさらに女性に嫌味をぐちぐちと話すのです!
ちょっと聞いただけなのに、ここまで言うの!?と感じてしまうほど続く嫌味でした。
女性もここまで言われると思ってなかったのではないかな?食べかけの鉄火巻きに手をつけず、ただすみませんと恐縮するばかりです。
さすがに言い過ぎだ!と不快に思っていた私は大将に一言いってやろうと決意した瞬間!隣にいた若いカップルが先に口を開いでいました。
あーまずい、なんだここの寿司。くそまじーわ。回転寿司のがよっぽど美味いな!帰ろうぜー。
店中に響く声で言い放ちながら席を立ち、続けてさらに大将に向かって嫌味を言いながらお店をあとにします。
心の狭いおっさんだなー!
ちょっとコツくらい教えるのにムキになってるくらい大した腕じゃないんだろ(笑)と。
私たちも、食事を終えてすぐに店を出ましたが、大将も言い過ぎたと思ったのか終始無言でした。
若い子たちだったのに、粋な行動するなぁと感心しながらもスカッとする場面に遭遇しました。
どうですか?ちょっと思い出しながら書いていたので読みにくいし長いしですみません^^;
よかったらcadotさんで紹介してください!よろしくお願いします!

編集部 Pick Up!

TOPへ戻る