メール原文

Cadotさん記事の掲載をお願いします☆

こないだあった出来事を紹介して欲しく投稿しました。
私は愛知県に住むOLです。
いつも仕事に行くために、名鉄線を利用しているのですが、乗っていたある男性の発言が周りの空気を変えるある出来事が起きました。夜22時ごろでした。
仕事が長引いてしまい、残業のため遅くに帰宅していたのですが、私の乗っていた車両には5、6人しか乗っていませんでした。いつもの通勤時間だと、座れない人もちらほらいるくらいでしたので、ラッキーと思いながら席に座っていました。
ボケーと座りながら到着地点を待っていると、一人の車掌さんが各車両を歩いて回っていたのです。
この時間になるとそんなことしてるのかと思いながら、特に気に留めず、またボケーとしていたのですが、そこである出来事が起きたのです。
私は電車の真ん中くらいに座っていたのですが、その位置くらいから
「ケータイ電話使用禁止でーす。」というのでした。
私はボケーとしていただけで、ケータイは触っておらず、誰のこといってるのかなぁと思っていると車掌さんの目線の先に気の弱そうな男性の姿がありました。
その男性は少し前傾姿勢で、両手でスマホのようなものをさわっていました。
しかし男性は無視し同じ姿勢のまま、動きません。
耳にはイヤホンのようなものをつけており、よく聞こえていないようです。
それをみた車掌さんは、ちょっと声を大して、「ケータイ電話、使用禁止です!」と再度言います。それでも男性は気づかずに、目線は変わらず自分の手のほうに。
さすがに車掌さんもムッときたのか、ゆっくり男性のほうに歩いていくのです。
そして、男性の正面にたち、「優先席では携帯禁止ですよ!ルールを守れないのであれば降車して下さい」と大きな声で一喝いれたのです。
周囲の人もその場面をずっとみており、大丈夫か?とソワソワしていました。
するとようやく男性に動きがあり、車掌を見上げ、頭にはてなが浮かんでいるような表情をしていました。
「聞いてますか?イヤホンを外して下さい」
と大きな声で話します
一触触発な状況にハラハラしていたのですが、どうも状況を理解できていない男性の姿に何か違和感が・・・
しばらくガミガミというこの状態が続き、やっと状況を理解した男性は立ち上がり、
「え、あの電車で本を読むのはマナー違反でしょうか?」
「すみません、ちょっと耳が悪くて、この補聴器は外せません。ごめんなさい」
「これもマナー違反でしたら、次の駅で降りますね」と少し片言で悲しげな表情を浮かべていい、持っていたスマホだと思っていたものを開いて見せつけました。
スマホだと思っていたものは、小さい小説?みたいなもので、イヤホンだと思っていたのは、補聴器でした。
その状況を理解した車掌さんは顔を真っ赤にし、なにやらごにょごにょいっていましたが、最後には去り際に、「失礼しました」と一言いって別の車両へと移っていきました。
男性はすっと座り、何事もなかったように手に持った本を読み始めました。
確かに遠くからみると小説は、開くタイプのカバーに見え、補聴器も怒りが爆発している人から見ればイヤホンに見えなくもないですが、よく見ずに、怒鳴りちらすのは如何なものかと思いました。
こないだこんな出来事がありました。
もし記事にできそうでしたら、掲載してもらえたらと思います。
よろしくお願いします。

編集部 Pick Up!

TOPへ戻る