メール原文

先日高校三年生の娘に、「整形したい」と言われました。
娘を産んですぐに妻をなくし、どうしようかと思ったが、初めて説教の様な話をしました。

「お前が整形したいっていう気持ちは、わかった。正直口うるさいと思うかもしれないけど、お父さんの話を少しだけ聞いてほしいと思う。
整形をして見た目が綺麗になる事は、高校生のお前にとってとても重要だと考えてると思う。その気持ちはわかる。でも見た目を綺麗にすれば良い女性になれると考えてるなら、それは間違ってると思う。
お父さんは一人でお前を育ててきたから、多分女の子らしい服とか髪型にさせてやれなかったと思う。そういう意味では、今整形したいと考えてるのは、見た目を気遣えてやれなかったお父さんのせいかもしれない。それは謝る。
でも何より、お前を人として優しく、心が綺麗な人に育てようとしてきた。見た目の美しさよりも、内面の美しさを育てたかった。お前はお母さんを知らないけど、お母さんの想いでもあった。心が綺麗な子に育ってほしいってずっとお母さんはいっていた。そういう人が一番、美しい人だからって、死ぬ前にもいっていた。
今の時代は女性はどんどんメイクも上手くなるし、いくらでも綺麗になれる。
お前より全然顔がよくない人だって、綺麗な人たくさんいる。だから、今整形をして顔を変えなくたって、これから自分次第でいくらでも綺麗になれる。でも、素敵な女性になるためには、見た目の部分だけ綺麗になっても意味がない。中身が伴ってないと、顔が綺麗になったとしても、人から素敵な人だとは思われない。
だから、良い女性になる為に顔を変えればいいなんて、簡単に思うのはやめようよ、そんな安直な方法じゃなくて、人として魅力的になる為にどうすればいいか、ちゃんと考えてみようよ。そうやって自分を磨いていく事が、お前を素敵な女性に変えるから。きっとお母さんも、そう言うと思う。」

娘は泣いてありがとうって言って、整形もしなかったです。
最初はどうなるかと思ったけど、こうして話せばちゃんと伝わるんだなと思った出来事だったので、メールをしてみました。
※お前という部分は娘の名前ですが、名前を伏せる為にお前と書いてます。

編集部 Pick Up!

TOPへ戻る