『食べるの勿体ない!』今流行りのお好み焼きにデコる「おこ・アート」が完成度高過ぎで食べられない。

2015.09.01 funny

sam1-2

お好み焼きは好きですか?
 
お好み焼きは、小麦粉を使用する鉄板焼きの一種であり、家庭でも食べることのできるポピュラーな料理ですね。
水に溶いた小麦粉を生地として、野菜、肉、魚介類などを具材とし、鉄板の上で焼き上げ、ソース・マヨネーズ・青のり等の調味料をつけて食べますが、焼き方や具材は地域によって差が見られます。
 
そんなお好み焼きの食べ方が少し変わっていると最近話題になっていることをご存知でしょうか?
 
その変わった食べ方の名を「おこ・アート」と言うそうです。
 
焼き上げたお好み焼きにソース・マヨネーズ・青のりをかけるときに、まるで「アート」のように仕上げることが最近流行っているのだとか。
 
この「アート」が描かれたお好み焼きですが、クオリティが高く、食べるのがもったいないとも思わせるほど完成度が高いのです。
 
そんな食べる事をためらうような『おこ・アート』をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る