『ヘタなお化け屋敷よりも遥かに怖い…』ある一家がハロウィンのために施した装飾とコスプレがヤバすぎる事に…

2015.10.31 funny

th_sum

 

本日10月31日はハロウィンの日。
 
もともとはケルト人が起源とされていて、悪霊を追い出すための宗教的な意味合いのある行事でしたが、今は祝祭本来の意味合いはほとんどなくなっています。
 
19世紀初頭にハロウィンが年鑑の祝祭日となったアメリカでは、かぼちゃの中身をくり抜いて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子供たちが魔女やお化けに仮装して近所の家々を訪れてお菓子をもらう風習があります。
 
最近までハロウィンに馴染みのなかった日本では、2000年代後半にお菓子メーカーの販促とSNSの普及に後押しされるように一気にハロウィンイベントの認知度が高まり、今では大人が楽しむ”コスプレイベント”の日として独自にアレンジされた文化が定着しました。
 
そんな日に本家イギリスのある一家がハロウィンイベントのために装飾・コスプレした”レベルの高すぎるお化け屋敷”が話題となっています。
 
レベルの高さはその飾り付けにかけた2万ポンド(370万円)という金額からも想像が出来ます。
 
370万円もの装飾とは一体どんなものなのか、そのレベルの高すぎるお化け屋敷を捉えた映像をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る