前代未聞【タモリ倶楽部 空耳アワー】で2週連続のあの番組特製グッズが出た!?その空耳が衝撃的すぎて業界騒然・・・!

2015.11.22 funny

sam1

 

「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる”空耳アワー”のお時間がやってまいりました。お相手は、こちらのお方です。」

皆さん、このフレーズを聞いた事があるかと思います。
 
このフレーズは、深夜のバラエティ番組【タモリ倶楽部】において、1992年から現在まで22年という長年に渡り放送されているミニコーナーの一つです。
 
元来「空耳」とは視聴の幻覚である幻聴や、聞こえていも聞こえていないフリをすることを指しますが、「空耳アワー」では「洋楽の歌詞の音韻をダブル・ミーニングやぎたな読みなどを利用して、意図的に違う文として捉えることを空耳と呼んでいます。
 
このコーナーでは「この曲のここが、こんな風に聞こえる」という視聴者の投稿により、それに伴った映像が制作されて放送されており、投稿された作品の優秀者には「タモリ倶楽部」特製グッズがもらえるのです。
 
そんな優秀者に送られるグッズですが、なんと2週連続で、最高賞の”ジャンパー”が出たのです!
ジャンパーは年に一つ出るか出ないかの最高賞品のため、2週連続に出たと業界は騒然としました。
 
しかし、この2つの作品、最高賞が出るのも納得するような「空耳」なのです!
 
そんなジャンパーが送られることとなった、2つの作品を今回ご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る