世界中で大流行の『ペンパイナッポーアッポーペン』インドだけ別格だった!(笑)

2016.10.22 funny

th_sam

 

YouTubeで再生回数が世界一位を記録した、ピコ太郎さんの『PPAP』。
 
この人気の秘密は、『非言語』『動画の短さ』『マネのしやすさ』にあると言われています。
 
th_1
 
世界中の人に受け入れられるには、その言語がわからなくても楽しめる必要があり、『PPAP』ではあまり意味がない簡単な英語を使うことで、言葉がわからない外国の人でも楽しめるようになっているのです。
 
そして、SNSが普及している昨今、多くの人に観てもらいシェアしてもらうには、尺の短さは重要なポイント。それに加えて、あのポップなリズムから繰り出される独特な振り付けは、ついついマネをしたくなる要素を秘めており、世界中でマネをして動画をアップする人が続出!
 
その結果、オリジナルの動画に加え、マネをした人々の動画もSNSで拡散されて『PPAP』の認知度は急速に広まっていき、世界中で一大ムーブメントを起こしたのです。
 


 
そんなピコ太郎さんの世界中でマネされている『PPAP』の動画ですが、その中でも異質な存在だと話題になっているのが”インドバージョン”の『PPAP』です。
 
映画も歌って踊るノリノリなものが多いイメージのインドですが、『PPAP』はどんな風にアレンジをしたのでしょうか…?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る