『憎いと思う事だってある。それが当然』育児を成し”遂げてしまった”お母さんが書いた”育児についての文章”が親の大事さ、子供の大事さを改心させてくれる

2015.08.31 impression

baby

 

世の中の育児中のお母さんたち。
 
小さい子の育児に奮闘し、心身共に疲れきっていませんか?
 
小さい子どもは、何にでも興味を持ちます。
それゆえ、一緒に出かけるとなれば、あちこち歩き回ろうとするし、電車やバスでは、ほかの人に迷惑がかからないようにする必要もあり、気の休まる暇なんてありません。
 
『早くこんな大変な育児から抜け出したい。』
『早く成長して、手のかからないようになってほしい。』
 
そう思う人もたくさんいるかと思います。
 
そんな心身共に疲れきっているお母さんへ、ひとつの文章をご紹介します。
 
この文章は、あるお母さんが育児についての思いを綴っており、育児に対し『とても前向きになることのできる文章』と読んだ人から大絶賛されています。
 
子どもが小さい時の育児は本当に大変。
しかし、それがかけがえのない『思い出』になるのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る