発達障害の子供への『声かけ変換表』を見て、多くの人から「反省させられた」と「共感した」の声が寄せられ話題に。

2015.09.08 impression

th_sum_2-2

 

No.143 追加の声かけ変換表「状況判断編」声かけ変換表の追加、今回はちょっと応用の「状況判断編」です。長男の最近のつまずき原因のひとつに「状況判断が苦手」ということがあります。周りのお子さんが空気を読みながら、状況を判断して自分で…

Posted by 発達障害 アイデア支援ツールと楽々工夫note on 2015年9月3日

 
発達障害の人は微妙なニュアンスが理解できなかったり、相手の感情を察することができないことが多く、より気を使ってわかりやすくはっきりとした伝達をする必要があります。
 
それが、発達障害の子どもに対してだけでなく、大人たちのコミュニケーションにおいても大切なことに気づかされるということもあって、多くの人の共感を呼んでいるようです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る