白血病で亡くなった後に気付いた娘からのLINE。たった70文字に込められた娘の思いに母は崩れ落ちる

2015.09.10 impression

sam1

 

2015年5月15日。
 
私の娘は天国へ旅立ちました。
若干17歳という若さで、この世を去ってしまいました。
 
白血病。
 
彼女が生まれてすぐに、元夫から延々と受けていた家庭内暴力(DV)に耐えきれず、離婚をしていた私は、娘と様々な苦節苦難を共にし、笑い支え合い生きてきました。
 
私一人では決して乗り越える事のできない困難も、娘がいつも励ましてくれたからこそやってくる事ができました。
 
いつも前向きで、いつも元気で、病気が判明したときだって一切弱音を吐かない娘でした。
 
常に前向きでポジティブな娘のおかげで、何度も勇気付けられてきました。
 
しかし、亡くなる数日前に容体が急変。
還らぬ人となったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る