白血病で亡くなった後に気付いた娘からのLINE。たった70文字に込められた娘の思いに母は崩れ落ちる

2015.09.10 impression

sam1

 
 

 
お母さん。
 
私ね、多分もうすぐお母さんの側にいてあげられなくなりそうなんだ。
 
今までは二人三脚で頑張ってこれたけど、これからはお母さん一人で頑張れる?
お母さん、意外と弱虫だし抜けてるとこあるから心配なんだよね…w
 
でもね、忘れないで欲しい。
私の肉体や声やその存在が消えてしまっても、私は生まれて来る前と同じ様に、お母さんの中にずっといるから。
 
だから、前を向いて欲しい。
 
もちろん、私がずっと側にいてお母さんを支えて行ければ良かったんだけど、これが私の運命みたいなんだ。
 
だからね、ちゃんと受け止めてる。
 
私は、ずっとずっと側にいるから。

 

 

こう綴られた、やはり前向きな娘の言葉。
最後は、あの子らしくしっかりと私の背中を押してくれていました。
 
ずっとずっと下を向いていた私に、手を差し伸べポジティブにさせてくれたのは娘でした。
 
もう過ぎてしまった事を悔やんでも仕方がない…ならば、しっかりと前を向いて娘に笑われない様に、娘の分までしっかり生きようと決意出来ました。

 

 
既読にするとか、既読にしないとか、最近ではニュースでもよく騒がれています。
 
しかし、こういったメッセージアプリが普及する中で、「今しか出来ない人」「今しか繋がる事の出来ない人」がいる事を忘れてはいけません。
 
今目の前にある景色や、今目の前にいる人を当たり前と思うこと自体が取り返しの付かない後悔や悲しみを生む可能性もあるのです。
 
今一度、あなたの”当たり前”を見直してみる事も大事なのかもしれません。

 


Writing by Yukie Kawamura


画像引用元:http://www.hosp.go.jp/~sagami/images/nyuin/C_all01.jpg


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る