高さ18メートルの”人そのもの”な巨大彫刻が語りかける「私たちが囚われているのは私たち自身」というメッセージに多くの共感の声が寄せられる。

2015.09.17 impression

th_sum

 

今年も、アメリカネバダ州でバーニングマンフェスティバルというアートイベントが開催されました。
 
そこで展示された高さ18メートルにも及ぶ巨大な彫刻が話題を呼んでいます。
 
その作品を見た人々からは「まさに人そのものだ!」という声も上がっており、人々を魅了しました。
 
その話題の作品がこちらです。
 
th_1
 
これはウクライナの彫刻家、アレクサンダー・マイロフ氏によって製作された「愛」という作品で、”私たちが囚われているものは私たち自身”というメーセージが込められています。
 
そして、この作品はその時々のシーンで違った顔を見せるのです。
続けて3つご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る