「ボロ屋敷め!」若者に家をバカにされたお年寄り夫婦。するとそれを見た近所の男性がFacebookへ投稿した事で鳥肌の立つ奇跡が起こった

2015.09.25 impression

sam1

 

皆さんの身近に、古くなった建物ってありますか?
 
古くなりすぎて、とても見すぼらしい姿をしている建物をみると、『大丈夫かな、あの家・・・』なんて思ってしまうことってありますよね
 
今回ご紹介するのは、そんなみすぼらしくなってしまった家に、奇跡が起こる心温まるエピソード。
 
この奇跡を起こす発端となったのは、保線作業員であるジョッシュさん。
4年ほど毎朝、自宅近所である、75歳のお年寄りの住む家の前を通って通勤していました。
 
お年寄りの家は作りがしっかりしているものの、外見の塗料が剥がれ、年季の入った風貌をしていたようです。
お年寄りとジョッシュさんは軽く挨拶をする程度の仲で、深いご近所付き合いはなかったのだとか。
 
しかし、今回の出来事をキッカケに、二人は家族ぐるみの仲になり、信頼し合える関係を築いたそうです。
 
この奇跡、とある若者たちの発した心のない一言がジョッシュさんに火がつけ、周囲を巻き込みながら行った結果だそうです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る