『見捨てることなんてできない!』森で見つけた子ネコを守り続け育て親になるシーズーの行動と決意に涙する…

2015.10.16 impression

sam1

 

2013年3月、サウスカロライナ州の動物管理官、ミッシェル・スミスさんの元に一件の電話が届きました。
 
その電話の内容は「土手から犬の鳴き声がするから調べて欲しい」という内容。
彼女は地元の犬が身動きできなくなってしまったのだと考え、犬の鳴き声を頼りに犬の姿を探し始めました。
 
1
 
そして無事にシーズー犬を発見したのですが、その時彼女は非常に驚く光景を目にします。
なんとシーズーは動けなくなっているわけではなかったのです。
なぜ動けるのに助けを求めるように泣き続けたのか。それは一緒にいた子猫のためでした。
 
シーズーは子猫に守る為にその場から動くことなく、更には自分のミルクを子猫に与えていたのでした。
 
2

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る