「私、もう少しここで頑張る…」転職を繰り返す女性がようやく逃げるのを止めた後、自分に待ち受けていた展開に泣き崩れる事に。

2015.10.29 impression

sk1

 

 
お客様は自分のレジにしか並んでいなかったのです。
店長はお客様に「どうぞ空いているあちらのレジへお回りください」と言った、その時でした。
 
「私はここへ買い物に来ているんじゃない。あの人としゃべりに来ているんだ。だからこのレジじゃないとイヤなんだ」
 
その瞬間、彼女はワッと泣き崩れました。
その姿を見て、お客様が店長に言いました。
 
「そうそう。私たちはこの人と話をするのが楽しみで来てるんだ。今日の特売はほかのスーパーでもやってるよ。だけど私は、このおねえさんと話をするためにここへ来ているんだ。だからこのレジへ並ばせておくれよ」
 
彼女はポロポロと泣き崩れたまま、レジを打つことができませんでした。
 
仕事というのはこれほど素晴らしいものだと、初めて気ついたのです。
そうです。
すでに彼女は、昔の自分ではなくなっていたのです。
 

同じ仕事でも、自分の取り組み方、考え方を変えるだけでやり甲斐は生まれるものですね。
 
この女性のように一生懸命仕事に取り組んでいれば周りは見てくれている。
そんな大切な何かを気付かせてくれるお話でした。
 


Writing by Y.sato of cadot


出典:「涙の数だけ大きくなれる!」木下晴弘著(フォレスト出版)


画像引用元:http://careerpark.jp/55023


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る