海に落ちて15時間…懸命に泳ぎ続けた犬を救出したのは「イルカ」でした。

2015.11.20 impression

sam1

 

海水浴やボートなどでリゾート気分を楽しむために、海へ赴く人は多いかと思います。
 
海は、綺麗な上にそのどこまでも続く景色に目を奪われがちですが、いつでも「溺れる」という危険と隣り合わせなため、気をつける必要があります。
 
そんな海辺をいつものように犬の散歩をしていた人が巻き起こした”奇跡”が今大きな話題となっていることをご存知でしょうか?
 
飼い主と犬は、いつものように犬にリードをつけ散歩をしていたそうです。
いつもの道であったため、特に注意することなく、当たり前のように散歩をしていたそうなのですが、事故は起こりました。
 
なんと散歩をしていた犬が、岸壁の隙間から、海に落ちてしまったのです!
 
隙間ということもあり、飼い主が手を伸ばし救出しようにもできず、犬は冷たい海を15時間も彷徨うこととなってしまいました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る