13年間共に過ごした愛犬が他界。悲しみの中、犬小屋を撤去すると紙キレが・・・信じられない事態で号泣する

2015.12.17 impression

sam11

 

そしてチロルのお墓を作った後、チロルの遺品を整理するために犬小屋を隅に寄せようとした時です。
 

チロルの犬小屋には、そこにあるはずの無いものが…
チロルの敷布団の下から出てきたのは、私の部屋にあった写真や私のアクセサリー。
 

写真は7枚もありました。

室内と外を自由に行き来していたため、恐らく部屋の中から持ち出したのだと思います。
 

私は、これを手に取った瞬間声を出して泣き崩れました。
 

チロルは、ずっと私のことを思ってくれていたのだと思います。
チロルは、ずっと私のことを考えてくれていたのだと思います。
 

そして、誰よりも一番に私のことを応援してくれていた事は間違いないと思います…
 

あなたには、大切な愛犬や、大切な人はいませんか?
あなたには、忘れている大事なものはありませんか?
 

大事なものや、大事な人は失ってからでは遅いです。
隣にいる人、離れていても愛する人を今一番愛してあげて下さい。
 


Writing by K.N original


画像引用元:http://wan-waon.com/wp-content/uploads/2015/07/P7023710.jpg


Cadot(カド)は、心暖まるキュートな話題を
毎日あなたにお届けします。

ステキと思ったら、是非フォローして下さい
 

 
【あなたのストーリーを広めませんか?】
Cadot-カド-では、読者様の心暖まる話や心に響く感動話を募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします☆
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る