【戦地に起きた奇跡】真っ赤に染まる死闘戦地の兵士達が”命令に背き”武器の代わりに持ったモノが笑顔と感動を生んだ。

2015.01.14 impression

sennshi

 
1914年。

第一次世界大戦の最中に、その奇跡は起きました。

ドイツ軍・フランス軍・英軍が約100メートルという至近間隔で激しい塹壕戦を繰り広げていました。

猛烈な砲撃の応酬は、悲惨且つ残虐を極めたそうです。

 

戦場というよりは、赤い血で真っ赤に染まった「死場」

そこにいた兵士誰もが目の前にいる敵兵を沈める事だけを考えて勦絶戦を展開していた。

 

しかし、この後信じられない奇跡がこの激しい死地に訪れる。

今も尚語り継がれ、世界を感動と涙で包む事となった、忘れられない奇跡。

 

彼達が武器を捨て、代わりに手にしたものとは、一体…

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る