「ぼ、僕と結婚してくれませんか?」痴呆症になったおじいちゃんから2回目のプロポーズを受けたおばあちゃん。そのまっすぐな告白に涙が止まらない…。

2016.01.09 impression

th_sum-5 のコピー

 

あなたなら、パートナーが自分との思い出や記憶を失ってしまったらどう思いますか。
 
今まで通りに変わらない態度で接することが出来るでしょうか。
 
もし将来そんな状況に直面した場合に、自分ならどうしているか。
 
そんなことを考えさせられるお話をご紹介します。
 
痴呆によって全ての記憶を失ってしまったおじいちゃん。
変わらず、おじいちゃんに優しく笑いかけ続けるおばあちゃん。
 
そんな二人が奇跡を起こした、心温まるお話です。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る