『不必要でしょ』小学レベルの授業は不必要と主張する、塾信者の母親。その時塾講師が諭した「小学校の存在意義」が、教育の本質を突く。

2015.01.20 impression

1

 
ここ近年、教育に過敏になりすぎて、偏った方針で子供に接する親が非常に増えています。
その一つの例が、「学歴至上主義」の教育方針。
幼い頃からみっちりと塾に通わせ、小学校・中学校の受験をし、有名私立学校に入学させる為に奔走する親も少なくありません。
 
そうした親の中には、「小学校の授業なんて、レベルが低くて子供にとって何の役にも立たない」と考えている人もいるのだとか。
実際に小学生の年齢くらいから子供を塾に通わせる理由の中で、「学校教育のレベルが低い」という理由が上位を占めているというアンケート結果もあります。
 
この話は、とある大手塾の入塾説明会で起きた話。
親から塾講師への質疑応答の中で、一人の親が「小学校の授業なんかに、意味はないと思っている」と発言した事から始まりました。
 
それまでにこやかに塾について語っていた塾講師。
しかしその母親がそう言い切った瞬間、顔から笑顔が消えました。
 
そして、その親に対して、教育とは何かと諭す様に、一つのメッセージを伝えます。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る