「たまには、父さんと飲みに行こう…」明け方まで娘を飲み連れ回した父。翌朝分かったその「真意」に言葉が出ない。

2016.02.20 impression

sam1-15

 

年頃の娘を持つお父さん。
 
昔はお父さんっ子であった娘も、大きくなるに連れて交友関係の幅が広がり、心配のあまり、ついつい小言を言ってしまった経験はありませんか?
 
年頃の子供たちは、頭ごなしに「遊びにいくな」と押さえつけると、親が心配していることがわかりながらも、一層反発してしまうもの。
 
このようなやり取りを繰り返してしまうことで親子関係はギクシャクしてしまいがちです。
 
そんなお父さんが悩んだ末に出した方法が、カッコよすぎると大反響を集めたエピソードをご存知でしょうか?
 


 
今回、「たまには、お父さんと飲みに行こう」と切り出した、あるお父さんの男らしい、親としての素敵な「教育エピソード」をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る