“心の弱い”子供になってしまう、育児でやってはいけない『3つの事』

2016.04.02 impression

sam1

 

親であれば誰しも子供が強く逞しく育って欲しいと思うかと思います。
 
明るく元気に健やかに育つ事が親にとって、最も願うこと。
しかし、そのためには『性格』も大きく影響を与えるのではないでしょうか。
 
大きくなってくると段々とその子の個性や性格が形成されていきます。
 
『負けず嫌い』
『すぐに諦めてしまう』
『良い出したら聞かない』
『臆病』
『すぐに怒る』
『わがまま』
 
書き表すことのできないほど様々な人格があります。
 
しかし、この性格を形成するのは遺伝もありますが、周囲の環境が最も影響を与えると言います。
そして、その影響を最も大きく受けるのが3歳まで、とも言われています。
 
だとしたら、ママやパパの子育てと向き合う指導が今後のお子さんの性格を大きく変えてしまう可能性は十分にありえます。
 
そんな子供たちの性格を形成する上で、3つの言動が子供の心を弱くしてしまうと話題を集めました。
 
今回、そんな心の弱い子が育ってしまう親の3つの言動をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る