聴覚障害者の夫婦の元に産まれた健常者の子ども。親の差別を受ける中で気付いた取り返しのつかない事実に言葉が出ない。

2016.04.02 impression

th_sum

 

音のない、なにも聞こえない世界で生きてきた親が僕に与えたもの。
 
僕の親は、父親、母親とも耳が聞こえない聴覚障害者である。
小さい頃は手話で会話が当たり前であった為
それが普通の事だと思っていた。
 
しかし成長するにつれて、幼稚園生活では普通に友達もでき会話を楽しむようになり、僕は健常者としてのごく当たり前の生活に染まっていった。
 
きっと親に対して、ワガママもたくさん言ったのだろう。
 
あまり、幼稚園の頃の記憶はないが、その時はいまの生活が当たり前でなにも感じなかった。
 
僕は本当に愛されて育てられたのだろう。
 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る