おばあちゃんは夫の噂を信じようとしなかった。しかし調べてみると、衝撃の事実が発覚。

2016.04.18 impression

sam1

 

セルビアの森の中の小さな小屋で一人暮らしをしているマリヤさん。
彼女は月々1万円もかからない慎ましい生活を送っていました。
そんなマリヤさんのもとに、過去からとんでもない知らせが届けられました。
 
1956年。
セルビアに住んでいたマリヤさんとモムチロさんは結婚をしました。
 
そして同じ年にセルビアからオーストラリアに移住を決意。
生まれた街から出たことさえない2人は、地球を半周するという大きな冒険をし、オーストラリアの地へたどり着きました。
 
オーストラリアの地でモムチロさんは大工の仕事を見つけ、やがて夫婦はオーストラリアの市民権を取得し、幸せに満ち溢れた毎日を送っていました。
 
1

 
しかし、オーストラリアに来てから1年半が経った頃、マリヤのさんの母親が危篤という連絡が入り、モムチロさんを残して故郷のセルビアへと急いで戻ることに。
 
そこで起きた不幸により、マリヤさんとモムチロさんは離ればなれになってしまったのでした。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る