「君は不思議に思わなかったのかい…」ある時主治医に殴られた聴覚障害を抱える少年。憎む父親が自分の為に行っていた”ある事実”を聞かされ涙が溢れ出す。

2016.05.01 impression

sam0 13.13.40

 

皆さん、手話はできますか?
 
自分の周囲に聴覚障害を患った人がいなければ、よほどの人が手話はできないかと思います。
 
そして、できない人から見れば、手話はとても難しく、何を話しているのか理解ができないかもしれません。
それもそのはず、一種の言語として認識しなければなりません。
さらに耳で聴くのとは違い、目から入ってくる情報だけで意思を読み取る必要があるために、言葉で発する言語とは考え方が異なってくるのです。
 
そんな簡単とは言えない『手話』から生まれた、ある親子の物語が大きな話題を集めています。
 
子供は生まれた時から耳が聞こえません。
そんな子供のためにとった父親の行動とは?
 
父親の子供を思う気持ちと、耳が聞こえないというハンデと戦う子供のやるせない気持ちが交差する、涙のエピソードをご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る