口は悪いが憎めない!赤ん坊を引き取ったオネエの不器用ながらも愛情を感じる21年間に涙が込み上げる

2016.05.03 impression

th_sum_4

 

ひと昔前には表に出てくることはなかったものの、最近ではテレビでも見る機会が多くなり、その存在が世の中的にも認められたオネエと呼ばれる人たち。
 
大人になってからは正直にカミングアウトして自分らしく生きる事が出来るものの、幼い頃には幾度となく辛い思いをしてきたことでしょう。
 
辛い思いをたくさん経験してきたオネエ達は、人の痛みを知り人情にとても厚いと言われています。
 
そんなオネエを題材に描いた漫画が、今Twitterで話題となっています。
 
この物語はある日近所で評判の悪い中年のオネエが、捨てられた子供を引き取るところから始まります。
 
口は悪くてもなんだか人間的な暖かさを感じさせられるオネエの、子育ての21年間を描いた漫画をご覧下さい!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る