”難病”を患った男の子を支えるために学校へ同行する介助犬。卒業式間近に起きた出来事に涙する・・・

2016.05.21 impression

sam2

 

アメリカのルイジアナ州の中学校に通うセフ・ウェアくん。
 
元気そうに見える彼は、全身の筋肉が弱まっていくという「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」という難病を患っています。
 
そのため、彼には友達が当たり前のようにできることが同じようにできず、苦労しているそうです。
 
しかし、そんな苦労するセフくんには一緒に立ち向かう相棒がいました。
 
1
 
名前はプレスリーちゃん。
 
4年ほど前に介助犬として迎えたセフくんは、家でも学校でもプレスリーちゃんが一緒に行動に、セフくんの側から離れることはありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る