「こんな父親いなくてもかまわない」鳶職の父を持つ息子が書いた1枚の作文に胸が熱くなる

2016.05.22 impression

th_sum_2


 

あなたは子供の頃、自分の父親の職業について何か思うことはありましたか。
 
周りのお父さんが良く見えて、自分の親をみると恥ずかしく思えたなんて声もよく聞きます。
 
思春期など、年頃の子供はついつい周りの家族と比較し、比べてしまいがち。
 
周りから見えている情報なんてほんの一部に過ぎないのに、それが全てだと思い込み周りに劣等感を感じてしまうようです。
 
そんな子供が親の見方が変わったあるエピソードが話題になり、多くの人の心を震わせました。
 
今回はそんな、父親の在り方は人それぞれだということをしみじみと感じさせられる、少年が綴った一枚の作文のお話をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る