ディズニーランドに22年前のチケットを提示してみると・・・キャストの素晴らしさを改めて実感することになる。

2016.05.24 impression

sam1

 

多くの人に夢を与える魔法の国、ディズニーランド。
 
大人になった今でも多くの人に愛されるスポットですが、子供のころは今よりも特別な場所だったかと思います。
 
テレビやグッズでしかることのできない大好きなキャラクターと過ごす1日はかけがえのない宝物です。
 
そんな誰もが愛するディズニーランド。
 

そんなディズニーランドが好きでたまらないのにもかかわらず、行けなかった女性がいました。
 
彼女はチェルシー・ハーラインさん。
チェルシーさんは22年前、4歳の時に両親からディズニーランドのチケットをプレゼントされました。
彼女にとって初めてとなる夢の国。
 
とても楽しみにしていたのですが、彼女は運悪く、病気を患ってしまったのです。
やむなくディズニーランドを行くことを諦めなければなりませんでした。
 
そんな彼女が、22年分の想いを胸に秘め、ディズニーランドに訪れたエピソードが胸を打つを話題を集めましたのでご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る