「何もできないという価値」あるお母さん書いた文章がテレビで大きな反響を呼ぶ!

2016.05.31 impression

th_sum

 

先日放送された、TBS系列・朝の情報番組「あさチャン!」で、あるお母さんが書いた文章が大反響を呼びました。
 
その文章を書いたのは久留米市のお母さん記者・池田彩さん。
 
池田さんは3人の子どもを育てる母親でありながら、「お母さん業界新聞」の記者でもあります。
 

お母さん業界新聞って?

 
「お母さん業界新聞」とは、現役のお母さんたちが記者となって日頃の子育ての中で感じたことや、その様子などを発信する新聞。
 
この新聞は「母親であることの喜びや子育ての素晴らしさを伝えたい」という思いから発行が始まり、現在では10万部を超えるほどの人気で、大きな反響を呼んでいます。
 
そんなお母さん業界新聞の記者を務める池田さんが書いた文章にはどんなことが書かれていたのでしょうか。
 
そこにはお母さんだからこそ分かる、日々の子育ての悩みや不安、感動、発見など、様々な思いが詰まっていました。
 
タイトルは「何もできないという価値」。
 
育児に追われ、家事にも仕事にも追われ、日々葛藤を抱えているお母さんにぜひ読んでもらいたい言葉です。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る