小学5年生の女の子が語った結婚相手の理想像が、全く反論できないほど真意をついている

2015.02.15 impression

12s

 

大人になればなるほど、結婚相手の理想像にこだわりを作ってしまうもの。
口では「優しければ・・・」と言いながらも、気付かぬ間に色んな条件を相手に求めて、婚期を逃している人も多々います。
時には公に「社長がいい!」「お金持ち以外あり得ない!」なんて公言する人もいるから、人生とは中々一筋縄にいきません。
 
もちろん、結婚に求めるものなんて、人それぞれ。
でも、この「結婚相手の理想像」は、思わず「確かに・・・」と頷いてしまうのではないでしょうか。
 
そんな理想像を語ったのは、なんと小学五年生の女の子。
とても大切な『真意』を詰め込んだ、結婚相手の理想像を語っていました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る