NHK受信料の徴収員に怒り出す若者。怯みながらも、懸命に言い返した徴収員の重みある言葉

2015.02.18 impression

111

日本放送協会、NHK。

 

日々テレビ放送がなされる事で私たちは、そこから確かな情報と娯楽を得ています。

そんなテレビの受信料にまつわる話。

 

私たちは、テレビを見る上で放送料というものを支払わなければいけません。

自宅にいて、「NHK受信料は支払われていますか?」と、身分証を下げた徴収員が訪ねて来た事はありませんか。

 

そして、このNHK受信料の徴収に関しては様々な意見や見解が議論される事も多いのではないでしょうか。

 

「何故NHKにお金を払わなければいけないの」

「NHKは見ていない」

「うち、テレビないんだよね」

 

この受信料は、年間額で見るとそう安いものではありません。

故に、支払いを拒みたくなる人も多いのだとか。

 

中立な立場からこの受信料を考えてみると、受信料を払ってもらうために、日々徴収に奔走する側も存在しますね。

そんな放送料の徴収員と、徴収員に大激怒した若者男性のやり取りで「徴収員の仕事に対する執念がスゴい!」と賞賛を生んでいます。

 

「は?ぶっ飛ばすぞ!」とキレられた徴収員が、その若者に言い返した最も過ぎる一言。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る