「パパのような消防士になりたい!」小児ガンを患った少年。治療の為に訪れたNYで奇跡が起こる

2016.07.15 impression

sam1

 

消防士のヘルメットを被り、まぶしいほどの笑顔を放つトラッカーくん。
ユニフォームもばっちり似合っています!
 
th_5
 
ニューヨーク消防局の隊員たちにとって、トラッカーくんは大切な仲間。
トラッカーくんの3歳の誕生日には仲間たちがお祝いしてくれました。
 
th_6
 

そしてトラッカーくんは治療を経て、現在順調に回復しているそうです!
 
th_7
 
家族やニューヨーク市消防局の消防士たちの愛の溢れた対応が、彼に生きる力をもたらしているのでしょう。
 
将来、こんな様々な経験をしたトラッカーくんが消防士になったら、どれだけ心強いことでしょうか。
1日でも早く病気が治り、立派な消防士への道を歩んでいってほしいものです!
 

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Facebook


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る