火事で燃える家に5回も戻ったネコ。その理由を知り目頭が熱くなる

2016.07.31 impression

sam1

 

1996年3月、ニューヨークの放置ガレージで原因不明の火災が発生しました。
 
消防隊が駆けつけると、すでに火元であるガレージには近づけない程大きな火の手が上がっている状況。
 
th_1
 
しかし、そこで消防隊員の目にある光景が飛び込んできたのです。
 
それは消防隊員達ですら近づけない状況のガレージに入っていく一匹の猫の姿。
 
しばらくして、その猫は何かを咥えてガレージの中から出てきました。
 
その猫の口に見えたのは、子猫の姿。
我が子を救うために炎が燃え盛るガレージの中に入っていったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る