「障害を持っていなければ・・・」相模原事件を受け、障害を持つ息子の父親が綴った「息子への想い」とは

2016.08.12 impression

sam

 

7月26日未明に、神奈川県相模原市にある障害者福祉施設で発生した殺傷事件。
19人が死亡し、26人の負傷者を出したとても痛ましい事件でした。
 
この事件は、第二次世界大戦後の日本において発生した殺人事件としては、犠牲者19人は最も多いとされ、福祉施設の環境整備など、様々な方面で議論を巻き起こす事件となりました。
 
今回を悲惨な事件が発生してから半月ほど経過しましたが、今もなお、多くの人々が心を痛めています。
 
そんな中、障害のある息子を持つFacebookユーザー、神戸金史さんが自身の想いを投稿。
その内容に多くの人が涙し、大反響を呼ぶことに。
 
今回、そんな神戸さんの投稿した「息子への想い」をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る