警察署を訪れた男性が古い写真を取り出す。写っていた少年と警察官を見た職員はすぐさま電話に手にする。

2016.09.13 impression

sam

 

この写真は11年前、鳥取さん一家は家族旅行でソウルを訪れていたときに撮影されたものです。
旅行中に鳥取さんの息子が交番の前で写真を撮りたいと言い出したため、たまたま通りかかった若い警察官にお願いしたそうです。
 
その警察官の男性はそれを快諾し、パトカーを背景に写真を撮ってくれることに。
警察官の男性は、そのとき自分の警察帽を脱いで鳥取さんの息子の頭にかぶせてくれました。
 
この1枚の写真が、鳥取さんの息子の将来に大きな影響を与えることになります。
 
th_2
 
机の上に大切に飾られていた写真を眺めながら、少年は警察官になりたいという夢を抱き始めます。
 
そして、その夢は次第に形となっていきました。
 
月日は流れ、高校3年生のときに警察官採用試験に合格。
そして2015年の3月に警察学校を卒業し、夢であった警察官となったのです!
 
th_3
 
鳥取さんは息子が警察官を目指したのは、韓国で親切な警察官と出会ったおかげだと、名も知らない警察官に感謝を伝えるためにソウルを訪れたのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る