警察署を訪れた男性が古い写真を取り出す。写っていた少年と警察官を見た職員はすぐさま電話に手にする。

2016.09.13 impression

sam

 

この事情を知った西大門署は、その日のうちに各署へ電話をかけてくれ、写真の警察官が西部の忠清南道(ちゅうせいなんどう)・保寧(ぽんりょ)警察署で勤務するキム・テヒョン警長であることを突き止めました!
 
キム警長は、そのときのことをこう覚えています。
 

「初め連絡を受けたときは思い出せませんでしたが、写真を見た瞬間、当時の記憶が蘇ってきました。ほんの小さな出来事だったのに、感謝を伝えようと日本から探しにきてくれたと連絡を受け、とても嬉しかったです」

 
鳥取さんは翌日の午前、再び西大門署を訪れ説明を受けましたが、翌日帰国を予定していたためキム警長に直接会いにいくことができませんでした。
 
鳥取さんは、用意してきた手紙と警察官になった息子の写真をキム警長に渡してほしいと西大門署の職員に託しました。
 
th_4
 
この鳥取さんの行動がキッカケとなり、キム警長と鳥取さん一家はSNSを通じて連絡を取り合うようになったそうです。
 
そして今年の3月、キム警長と鳥取さんの息子はついに11年ぶりの再会を果たしました。
 
th_5
 
日本を訪れたキム警長は、鳥取さんの勤務先を訪問。
 

「11年ぶりでしたが、顔に面影が残っていてすぐに分かりました。訓練する姿や勤務する姿を見て、とても誇らしく、感無量でした。」

 
と語ります。
 
11年前に9歳だった少年は、凛とした警察官になっていました。また、キム警長は鳥取さんの息子に「子どもたちに親切な警察官になってください」と伝えます。
鳥取さんの息子さんは「キム警査のおかげで警察官になることができました」と感謝の気持ちを伝えたそうです。
 
最後にキム警長は、かつての少年に11年前にかぶせた警察帽をプレゼントし、日本を後にしました。
 
その帽子は今、11年前と11年後の写真と一緒に飾ってあるそうです。
 
th_6
 
少年時代に受けた優しさが心に残り、警察官を目指すことになった息子さん。
 
キム警長もほんのちょっとの気遣いが、子どもの将来に大きな影響を与えることになり嬉しかったのではないでしょうか。
 
そんな自然と笑顔になれる、心温まるエピソードをご紹介しました!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Twitter


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る