【1年後】野生に還したライオンに会いに行くと…育ててくれた2人を憶えているのか?

2016.09.21 impression

th_sam_2

 

1969年、ロンドンのある百貨店に客寄せのために開設されていた「動物売り場」で、ライオンの赤ちゃんがとても小さな檻に入れられて売られていました。
 
これを見た二人のオーストラリア人青年は不憫に思い、買い取って自分たちがアルバイトしていたアンティーク家具屋で飼うことに。
 
th_1
 
クリスチャンと名付けられた赤ちゃんライオンは、引き取られた1年後には80キロ以上に成長。このままロンドンで一緒に生活するのは無理だろうと判断した二人は、クリスチャンを「アフリカの自然」に帰す計画を立て始めました。
 
th_2

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る