医師はドアを開け、犬にこの世を去る飼い主と最後の面会を許す。そして次に起こった出来事に胸が張り裂けそう

2016.12.17 impression

sam

 

犬の飼い主への愛は何よりも忠実で深いもの。
それゆえに、犬と飼い主の最後の別れは辛く、悲痛なものです。
 
カリフォルニア州在住のライアン・ジェッセンさんはある日、酷い頭痛とともに起床したそうです。
当初ライアンさんはただの片頭痛だと思っていました。
 
しかし、事態は彼の予想を超えてはるかに深刻だったのです…。
33歳のライアンさんは脳出血を起こしており、間もなく昏睡状態に陥ってしまったのです。
 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る