全日本の表彰台を逃した浅田真央選手。先輩の村主章枝が送ったメッセージに涙

2016.12.28 impression

sam

 

2016年12月25日。
フィギュアスケート全日本選手権の女子フリーが行われました。
 
その中でも毎年表彰台に上っていた浅田真央選手は、前日に行われたショートプログラムで8位、そして、フリーを終え、自己ワースト12位となりました。
 
メダルを逃したのは13年ぶりということ。
そんな残念だった今回の結果により、2017年3月に行われる世界選手権への出場も厳しい状況。
そのため、各メディアは「現役引退するのでは…」という憶測をしていましたが、浅田選手は今回の結果にはくじけず、報道陣の前で現役続行の意思表示をしました。
 


 
その浅田選手の姿を見ていた女子フィギュアの先輩である村主章枝選手はTwitterで浅田選手に力強いエールを送りました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る