『ついてきて!』足を引きずり獣医を誘導した野良犬。その先で待ち受けていたのは…

2017.02.02 impression

sam1

 

ある一匹の傷ついた野良犬のお話が、現在、Facebook上で大変話題になっています。
その野良犬の起こした行動が、衝撃的でさらに感動的であるというのです。
 
野良犬は一体、何をしたというのでしょうか?
 
そこはスペインの南部地方にあるベラのマーケット。
リアン・パウエルさんが街中を歩いていると、一匹の犬がふらつきながら歩いていました。
 
その汚れて、痛々しいほどに痩せこけている様子から野良犬のようです。
 
1
 

リアンさんは気の毒に思い、この犬を保護することにしました。
犬は後ろ足を怪我しているようなので、まずは動物病院へと向かいます。
 
そこでわかったのは、この犬がグレイハウンドという犬種のメスであること、足を骨折してしまっていること、そして最近になって赤ちゃんを産んだということでした。
 
赤ちゃん…?
でも、それならその子たちはどこにいるのでしょう?
 

 

「この母犬は、きっと子犬たちの居場所を知っているに違いない
その場所まで案内してくれないだろうか」
 

 

リアンさんと獣医師であるエレンさんは、そう考えました。
とはいえ母犬は足を骨折し、痩せ細り、まともに歩くことすらできない状態です。
 

 
「赤ちゃんたちの居場所に案内してくれる?」
 

 
リアンさんたちの思いが通じたのか、母犬は足の治療が済むと、二人をどこかに導くように歩きはじめます。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る