喧嘩ばかりしていた母親が突然の他界。その時Facebookでたまたま見かけた投稿に、涙が止まらない

2015.03.12 impression

th_motehr

家族だからこそ、喧嘩もするし、もめることもある。
その結果、仲違いが生じ、時には関係の修復が困難になる家族もあるかもしれません。
 
この話を寄稿していただいた女性も、そうでした。
幼少期は家族ずっと仲が良かったものの、家庭環境の変化と反抗期が重なり、母親と全く口をきかなくなる時期があった程、親との関係がこじれてしまったのでした。
 
そのまま独り立ちし、疎遠に。
しかし大人になるにつれ、母親が言っていたことが段々と理解できるようになり、関係の修復をしようかと考えるようになっていくのです。
 
でも、その後、その母親と会話をすることは、一生ありませんでした。
 
その女性の元に、突然の母親の死の連絡が届いたのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る