家電量販店でレジ列に割り込む中国人と、制止しない店員。割り込まれた男性が店員に発した意外な一言が、とても本質をついている

2015.03.13 impression

th_kaden

昨年から今年にかけて、日本に訪れる中国人が非常に増えています。
円安の影響ももちろん大きく、日本に訪れては様々なお店で大量に商品を購入する中国人の姿が度々報道されるような状況。
特に「家電」に関しては日本製の家電製品が大人気で、有名な家電量販店では多くの中国人で賑わうようになっています。
 
そんなご時世の中、生まれた一つの出来事。
集団で訪れた中国人が、家電量販店で大量に商品を購入しようと店内を物色します。
そして一人の人が列に並んだのですが、そこで問題発生。
後ろに列ができているにも関わらず、一人の中国人の所に、大量に商品を持った他の中国人が次々と列を無視して割り込んできたのです。
 
当然後ろに並んでいるお客さんは不満顔。
しかも、なんと店員は列の割り込みに対して、特に注意することもなく、そのまま会計を進めていくのです。
 
列の後ろの人の方は、不満そうな顔をしながら続々と違うレジに並びます。
そんな中、中国人の真後ろにいた人と、その後ろにいた人(この話を寄稿して頂いた方)は、列を変えずに並び続けました。
 
他の列に移動した人が続々と会計を終わらせる中、中国人の割り込み会計を待つ二人。
そしてようやく当初並んでいた男性の所まで会計が進むも、レジ店員は「お待たせしました」と不愛想に一言いうだけで会計をしようとします。
 
「流石にカチンときた」と言わせるほどの店員の対応でしたが、その時中国人のすぐ後ろに並んでいた男性は、レジ店員に対して、思いがけない言葉を投げかけるのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る