「雑用はこの人がしたらいい」体育会の上下関係に武井壮が物申す。

2017.02.23 impression

sam

 

先日、いじめをテーマにした番組での発言が話題になった武井壮さん。
ほかの出演者がどこか言葉を濁している印象の中、真っ向から意見を述べられているところが素晴らしかったです。
 
こちらの記事でも、紹介させていただきました。
 
「いじめの責任は……」いじめ問題に対し武井壮が言及。
 
いじめの責任は先生だけでなく、親も負うべき。
子どもを一番近くで見守り、その特性を知っているのは親なのだから。
 
そのように語った武井さん。
ネット上では賛否両論あった意見ではあるものの、いじめ問題をあらたな側面から見るきっかけを与えてくれたことは間違いないと思います。
 
そんな武井さん、今回は自身のツイッターで「体育会系の部活動の上下関係」について驚きの提案をして、反響を呼んでいます。
 
それは体育会系運動部における、今までのしきたりを見直す提言ともいえるものでした。
武井さんといえば、誰もが認めるスーパーアスリート。
ご本人も当然、運動部での上下関係は嫌というほど体験されているでしょう。
果たして彼はどのような意見を述べたのでしょう?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る