白血病と闘い続け、この世を去った18歳の青年が最後にインスタに投稿。壮絶な人生の中で伝えたかったこととは

2017.03.16 impression

th_sam

 


 
18歳で白血病と診断された時の投稿です。
2015年3月27日、彼はこの日、白血病の診断を受けた、しかし希望や笑顔を失うことはない、と書いています。
 
取り乱したり絶望したりしてもおかしくない場面なのに、彼は18歳という若さながらも笑顔を浮かべ、力強い言葉を発しています。
 

Pablo Ráez.さん(@srraez)がシェアした投稿


 
白血病の診断から2週間ほど。
彼は点滴をしながらも逆立ち!鍛え上げられた肉体から、彼が心身共に強靭なことが伺えます。
 

Pablo Ráez.さん(@srraez)がシェアした投稿

 

50日入院し、化学療法の苦痛や精神的辛さに耐えました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る