「なんて美しい…」おじいさんにあるサングラスを渡すと涙。おじいさんの目に映ったものは…

2017.04.20 impression

sam

 

 
サングラスをかけた途端、びっくり。
次はきょろきょろと辺りを見回し…涙を流しました。
 
もちろん色覚異常だからといって全く色がない世界を見てきたわけでも、白黒だったわけでもありませんが、はっきりと色の区別がつく世界はとても美しく見えたそうです。
 

他にも、youtubeにはいくつもEnChromaのサングラスを体験した色覚異常を持った方達の動画があがっていました。
 

 
こちらは両親にこのサングラスを贈られた男性。彼は初めてEnChromaをかけるのに、日没が綺麗に見えるホワイトハースト・ビーチに来ました。
 
EnChromaをかけて日没を見た彼は、質問にも言葉を返せず、ただただ涙をこらえるような仕草を見せ「声が震える」と訴え、いつもと全く違う世界が見えたことに、驚きと感動を隠せませんでした。
 

 
こっちは妻からサングラスを贈られた旦那さん。子どもたちにプレゼントを配っていたら、妻から自分へのプレゼントもあり、それがEnChromaのサングラスでした。それをかけ、初めて自分の子どもたちの瞳を見て、やはり涙が…。
 
一般的な色覚を持つ人にはなんてことない世界でも、初めて見た方達はみんな「なんてこった」「なんて美しいんだ」「新しい世界」そんな言葉を発します。
 
もしかしたら、私たちは気がついていないだけで、とても美しい世界に住んでいたのかもしれませんね。

 

他にも、今まで友人の髪の毛の色を知らなかったり、2本のクレヨンの色の見分けがつかなかったり、絵を見ても黒と黄色の区別がつかなかった人などが、このサングラスをかけて初めて「見えた」と驚きや感動の声をあげています。
 
EnChromaの色覚異常を補完するサングラスのシリーズ「Enchroma Color Blindness Glasses」は、現在349ドル〜429ドル(約3万8千円〜4万6千円)で販売されており、日本へも発送対応しています。
http://enchroma.com/

Enchromaのウェブサイトには色覚異常かどうかのオンラインテストもあるので、気になった方はぜひ覗いて見てください♪

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:YouTube


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る