保護されても何度も脱走する野良犬。後をつけてみると、予想していなかった出来事に驚愕する・・・

2017.05.20 impression

th_sam

 

アメリカのカリフォルニア州で、動物保護団体「Pinky Paws ResQ」に保護された1匹の野良犬でしたが、それまでろくにエサを食べることができなかったのにも関わらず、何度も脱走を企てていたそうです。
 
食べるのに困らない快適な施設にも関わらず、2度もフェンスを越えて脱走するこの犬を不思議に感じたスタッフは、リードを付け自由に歩かせることにします。
 
最初はまったく動こうとしませんでしたが、スタッフのある問いかけに対して反応し、「こっとだよ」と言わんばかりに歩き始めました。
 
すると古い納屋の中へと、後ろに付いてきているスタッフを時折確認をしながら入っていくのですが、そこは誰にも使われず廃墟と化した状態だったのです。
 
しかしながら、この犬はこの場で歩くのを止めると、再びスタッフの顔を見て何か言いたげな様子。
 
静けさが漂う中で、スタッフの1人がある異変に気がつきます。
 
それは一体?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る