離婚前夜に夫のパソコンを見てしまった…するとそこには私が離婚を決意した時期「妻 H26.2.10~」とタイトルが付いた意味深なファイルが…

2015.04.07 impression

oc1

 
この他にも「妻 H26.2.10~」以降、夫は私との関係や想いをここに日記の様に綴っていたのです。
 

普段から全く話そうとしない寡黙な夫でしたが、ここに綴られている内容を見て初めてこんな夫の一面を見ました。
そして、何故かこの日記を見た私は顔が赤くなり、恥ずかしい思いでいっぱいに。
 
私も、夫の冷たい態度や何も言ってくれない事から「夫にはもう気持ちがないんだ」そう思い出した事が始まりです。
今までのモヤモヤや分からない夫への気持ちからの不満が、この日記を見て一気に消え去っていきました。
 
私はリビングにいる夫の元へ行き、パソコンを持ちながら話かけました。
「ゴメン、見ちゃった」
すると、夫は顔を真っ赤にさせて「何をだ!」と知らないフリ。
 
ゴメンね。お互い気持ちが行き違いだったみたいね
そう夫へ伝え、私達はもう一度やり直す事にしました。

 

まだまだ不器用な夫ですが、以前よりも一生懸命思っている事を口に出してくれる様になり、以前の夫婦生活とは比べ物にならない程会話が増えました。
 
思っている事や感じている事を相手に伝える事の大事さと、その一つの行為や些細な行動が大きな転機になる事もあります。
 
この先、何があるか分からない夫婦生活ですが、お互いの気持ちはしっかり伝えながら二人三脚で前へ進んで行きたいと思います。

 


Writing by Yamanoue Kiyomi


画像引用元:abaq.com


Cadot(カド)は、心暖まるキュートな話題を
毎日あなたにお届けします。

ステキと思ったら、是非フォローして下さい
 

 
【あなたのストーリーを広めませんか?】
Cadot-カド-では、読者様の心暖まる話や心に響く感動話を募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします☆
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る