駅のエレベーターで「我先に」と松葉杖の僕を出し抜きながら乗り込むおばさん集団。諦めて次に乗ろうとしたら、エレベーターの扉が閉まらなかった

2015.04.14 impression

e1

先日、新宿駅で遭遇した出来事です。
 
ひょんな事で足を激しく捻ってしまい松葉杖生活となってしまったのですが、仕事にならない程に参ってしまっていました。
人生初めての松葉杖は不慣れで脇も痛く、仕事の都合で駅を利用していたのですが、エスカレーターでの移動ですらままなりません。
 
エレベーターでホームと改札口を行き来していたのですが、日々何気なくしているその移動ですら、とても苦しく感じてしまいました。
 
そんな時、駅のエレベーターまで頑張って移動し、エレベーターを待つ私。
車椅子を押す女性と車椅子のおばあちゃんの後ろに立ったのですが、ちょうど同じタイミング位で、買い物袋を持ったおばさん4人組くらいが、エレベーターのところへ歩いてきました。
 
ぼぉーっとエレベーターを待ちながら、「早く足治らないかなー」なんて考えていたその後、エレベーターが到着。
車椅子を押す女性の後ろを歩こうとすると・・・
買い物袋を持って元気に話すおばさん集団の一人が横から前の女性のところになんとか入り込み、そのまま「我先に」とエレベーターに乗り込もうとするのでした。
そのおばさんに続いて、他の三人も身体を近づけながら私より先にエレベーターに乗り込もうとします。
 
どちらが先とか、あまりわからなかったのでしょうがないとは思いながらも、やはり怪我して傷心だったのか、「酷いなー」と思ってしまった私。
エレベーターもかなり狭かったので、落ち込みながらも次のエレベーターで行こうと歩くのをやめてしまいました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る